会社のパソコンのインターネット監視方法と監視されているかを見分ける方法

注目記事(本文上)

こんにちわ。雪坊主です。

私は社内SEとして会社のIT関連の業務全般を担当をしていますが、よく社員に「会社のインターネットって監視されてるんですか?」とか「私が見たネットの履歴って雪坊主さんとか上司は知ってるんですか?」と聞かれます。

そういう時、私は「調べればすぐわかるよ」と言っていますが、こういうことを聞いて来るってことは、多少なりとも後ろめたいことがあるんでしょうね(笑)

そんな会社のパソコンのインターネット監視について、現役社内SEの雪坊主が色々と暴露しちゃいます!

スポンサーリンク

会社は何故ネットを監視するか

一応監視する側の立場として、何故監視するのかをまず説明したいと思います。

会社としてはサボりを見つけることはもちろんですが、それ以上に危険なサイトにアクセスすることによるウィルス感染のリスク2chやSNSなどで営業機密を漏らしたりすることを防ぐためにインターネットの監視を行っています。

家ではアクセス出来るのに、会社のパソコンでアクセス出来ないサイトとかはありませんか?

そのようなサイトがある場合は十中八九インターネットが監視されていると思って良いでしょう。

監視方法

監視方法は大きく分けて2つ方法があります。

よく「毎日ブラウザの閲覧履歴を削除してるから大丈夫」とか言っている人を見ますが、閲覧履歴を削除してもこれらの方法ではどこのサイトを見たか分かるので無駄です(笑)

監視ソフトでの監視

ひとつ目はPCにインストールされている監視ソフトによって監視する方法です。

監視ソフトがインターネットの利用状況を逐一サーバーへ送信します。

ネットでどのサイトを見たか、掲示板等へ何か書き込みを行ったか等もすべて送信されます。

それ以外には勝手にデータを持ちだしていないか、インストールしたソフト、環境によっては送受信したメールの中身まで分かる監視ソフトもあります。

会社が提供している業務で使うパソコンなのでプライバシーなんてありません(汗)

そんな最強極悪非道(?)なソフト、削除しちゃえばいいじゃん!と思うかもしれませんが、決して監視ソフトを削除しようとなんてしないでくださいね!

そもそもパスワード等で保護されていて削除自体出来ないと思いますが、削除するとIT管理者側に通知が来るので、結局また監視ソフトを入れられるだけです。

しかもIT管理者に「変な事をする社員」として暫くの間マークされ、今まで以上に監視されること間違い無しです。

私なら間違いなく暫くはマークしますね〜。

ネットワーク機器による監視

もう一つはネットワーク経路に監視するための機器を導入する方法です。

インターネットを行ううえで通信が必ず通る経路に装置を設置し、誰がどこのサイトを見ているかを監視します。

この装置は「プロキシサーバー」や「ファイヤーウォール」等と言われたりもしますが、これらの装置が設置されていたとしてもインターネットの利用状況を監視しているとは限りません。

本来の目的は外部からの攻撃から社内のネットワークを守ったり、不適切なサイトへの通信を遮断する等が目的で導入する機器なのです。

しかしこれらの機能の特性から設定等で社員のインターネット利用状況を監視することが可能です。

監視されているか見分けるには

監視ソフトによる監視の場合、PCのタスクマネージャで常駐している監視ソフトを確認出来ます。

「Lpcmgr.exe」とか「LogAgent.exe」というタスクが起動している場合、高確率でPCは監視されています。

ネットワーク機器で監視する場合の見分け方については、インターネットオプションでプロキシサーバーを設定しているかや、家で見れるが会社で見れないサイトがある等で判断することも出来ますが、監視していることが分からないように機器を設置することも出来ますので、油断禁物です。

監視を回避する禁断の方法(悪用厳禁)

ネットワーク機器による監視の場合、必ず通信する経路に機器が設置されているので回避することは出来ません。

しかし監視ソフトについては、とある方法を行うことで一応回避出来る可能性があります!

その方法とはパソコン内に仮想環境を構築しその仮想PCにてインターネットを行うことにより、監視ソフトにデータを収集されることを防ぐという方法です。

弊社で利用している監視ソフトについては、この方法で監視を回避出来ることを確認済です。

しかしこの方法は仮想化に関する知識が必要だったり、そこそこPCのスペックが必要だったりと敷居が高いので知識の無い方にはおすすめしません。

そもそもちゃんと監視ソフトを導入しているようなIT管理者が在籍している企業では、仮想化ソフトをインストールするのも難関かと思いますが・・・。

最後に

管理者がちゃんと存在している会社であれば、監視を回避する方法はありません。

サボる方法を探さずちゃんと仕事をしましょう!