あなたは大丈夫?仕事が出来ない人の6つの特徴

注目記事(本文上)

-shared-img-thumb-N912_atamawokakimushiru_TP_V
こんにちは。今年の4月で私も社会人デビューして10周年。この10年間、色々な人と一緒に仕事をしたけど、つくづく仕事の出来る、出来ないは学歴とは関係無いんだな~と感じます。

もちろん高学歴で仕事の出来る人は沢山居たけど、高学歴でも仕事の出来ない人も居ました。その人はこれから上げる6つの特徴に少なくとも2つ以上は当てはまっていた気がします。

私が実際に一緒に仕事をして感じた「仕事の出来ない人の特徴」6つを紹介します。

スポンサーリンク

不衛生

仕事が出来る、出来ない以前に人としてどうなの?という感じもしますが、不衛生な人は一緒に居るのも嫌な気持ちになります。

小説やマンガで多少不衛生でも天才的な才能を持っている的な設定のキャラクターとかも居るけど、あれはあくまで空想の話。そんな人まず居ません。

人を不快にしないように「相手の立場でものを考えられる」というのは、仕事でも一緒かなと。

身だしなみが悪い

私もたまにやってしまう・・・寝癖が付いていたり、スーツが汚れていたりとか。

身だしなみがきちっとしている人は、仕事もキッチリと仕上げてくれる人が多いです。

もちろん身だしなみとは関係無くちゃんと仕事をしてくれる人も大勢いるけど、初対面だったり初めて一緒に仕事をする人については、髪、服、靴の3点はまずチェックします。

もちろん自分自身も第一印象には気をつけるようにしています。

メールのレスポンスが遅い

メールを送ってから、24時間以内に返信の無い人。もちろん実は休暇を取っていたって場合もあるけど、毎回遅い場合はイライラ。

メールを送った側は何も返信が無いと「ちゃんと送られているのか」「メールを読んで対応してくれているのか」等が心配になります。

メールの内容を解決出来なくてもとりあえずメールは読んでいつ頃までに対応するという返信は欲しいです。相手の気持ちを考えて仕事をするのが大事です。

詰めが甘い

計画の中にリスクを一切を考慮していなくて、計画外のことが起きたら慌てる人。作業時間しか考えてなくて、確認とかテストを軽んじる人。

この辺は経験と比例する部分があるから、ある程度経験を詰めば誰でも改善するんだけど、一人で頑張らないで上司や先輩の知恵や何かかしらのドキュメント類を漁ることで経験を補えるので、まずそれらを行うという知識が重要かと思います。

人の話を聞かない

これも人としてどうかと思うけど・・・。 

人の意見を傾聴出来ない人は、個人でする仕事は良いかもしれないけど、チームでやる仕事については向いていない気がします。

能力が高くてもプライドばかり高くて、今後の成長が見込めない人が多い印象。40~50代に多い気がするな~。それぐらいの年代の人でも私とかそれより年下の人に色々と話を聞いて、自分に取り込んでどんどん成長していく人には脅威を感じます。

反省しない

失敗するのは良いけどその失敗を反省しない人。

「何で失敗したか」を考える時間ってそんなに不要な時間なのかな?反省しない人は「その場を凌げれば良い」という考えの人が多い気がします。

こんな考えの人とは継続的に仕事をしたいとは思わないですよね。

最後に

以上が私が実際に一緒に仕事をした人に対して、反面教師として感じたものです。

大体が大変な思いをさせられたり、嫌な気持ちやガッカリさせられたので、この記事を書くにあたり若干鬱な気持ちになりました。
改めて自分自身も気をつけようと思います。

最後まで読んでいただき、ありがうございました。