私が4年間使ったメイン回線のWiMAXを解約した理由

注目記事(本文上)

こんにちわ、雪坊主です。

今月が更新月だったので4年間自宅のメイン回線として利用していたWiMAXを解約することにしました。

解約理由はやはり「3日3Gの速度制限が辛い」

これに尽きると思います。

WiMAXは当初、速度制限や通信量という概念すら無かったのですが、利用者が増えると共に速度制限がかかるようになり、また通信量の上限無しがオプションになったりと4年間で色々と変わってきました。

しかし人によっては3日3Gでも問題無いという方もいるかと思います。そこでなぜわが家は3日3Gで制限がかかってしまうほどWiMAXを使っているのかを考察してみました。

これからWiMAXをメイン回線にしようとしている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

そもそも何でWiMAXをメインにしたか


4年前、そもそも何でWiMAXをメインの回線として使おうと思ったかについて簡単に説明します。

4年前のWiMAXは現在のWiMAX2+とは違い、通信速度40Mbps程度で当時すでにサービスを開始していたLTEよりも遅い通信速度でした。

しかしそれでもLTEよりも広い通信のカバー率や通信量による制限が無い等、有利な点がありました。

一方光回線と比べると、相当な速度の差がありますが、当時マンションタイプでフレッツ光を契約すると月額4000円以上かかってしまうのに対し、WiMAXは4000円弱で利用が可能でした。

インターネットを利用する用途は主に調べ物やSNSぐらいだったので、おそらく不便は無いだろうという判断と、安いし何かノマドとか憧れるし外で使える高速回線ってステキ♪

ぐらいの軽い気持ちでWiMAXをメイン回線と決めました!

予想通りわが家の使い方ではほとんど不便は無く、WiMAXからWiMAX2+へ乗り換え、4年間WiMAXを使い続けました。

それがここ半年ぐらいから、通信制限がかかりWiMAXに不満を感じる事が多くなってきたのが、WiMAXを解約する原因です。

解約原因1:クラウドストレージの利用頻度増加

4年前に使っていたクラウドストレージはDropboxやSkyDrive(現OneDrive)がほとんどで、主な用途はPCとスマホ間のデータのやり取りや、友人との写真共有がメインでした。

しかし現在は使い方が大きく変わり、そのせいで通信量が格段に増えてしまいました。それはGoogleフォトが登場したためです。

Googleフォトではスマホで撮影した写真や動画を自動的にアップロードしてくれるのですが、Windows PC版のソフトもあり、同じように指定したフォルダに入った写真や動画を自動的にアップロードしてくれます。

この自動アップロードがスマホの写真、動画だけであれば容量はたかが知れているのですが、わが家ではバックアップとして一眼レフやハンディカムで撮影しPCに保存した高画質写真、動画もGoogleフォトへアップロードしています。

一眼レフを持ってどこかに1日外出した場合、1~2ギガ程度の写真は余裕で撮影します。その写真をアップロードするわけなので、当然一日でギガ単位の通信を行う事になります。

しかも1日で終わらないことが多いです。

解約原因2:ストリーミング動画閲覧頻度増加

YouTuberが増え面白い動画が沢山アップされているので、YouTube上で暇を潰そうと思えばいくらでも潰せます。

本当にYouTubeって時間泥棒!

そんな状況なのでわが家でもYouTubeを観る機会が増えました。観るのは私や妻ばかりではなく、子供が観ることも多くなってきています。

解約原因3:定額動画ストリーミングサービスの契約

HuluやNetflixなど色々と専用サービスはありますが、わが家はAmazonプライムビデオを契約しています。

Amazonプライムを契約したきっかけはプライム会員限定のセールに参加するため無料会員で試してみたのですが、無料期間中に観たプライムビデオにハマリ、まんまと有料会員としてAmazonプライム会員を続けています。



ネットで動画なんてそんなに観ない」と思っていましたが、おまけでも付いていると暇な時とか、何かしている最中に「ながら作業」で観ることが多いです。

あと定額だし・・・と前情報無しの軽い気持ちで適当に観たアニメがメチャクチャ面白かったりと、そういう観かたが出来るのも定額サービスのメリットなのかなぁと思います。

解約原因4:テレビでネット動画を観れる環境が安価に整う

これは動画ストリーミングサービスでもYoutubeでも当てはまりますが、テレビでネット動画を観れる環境が簡単に整えるようになったことで、これらの動画再生回数が増えて通信量が増えました。

更にタブレットやスマホで観るよりも高画質になってくるので、データ通信量は増える傾向にあります。

昔は上位機種のテレビにしかネットでのストリーミング動画を観る機能が無かったですが、最近はクロームキャストとかAmazon fire スティックとかが安価に手に入るため、テレビ自体に動画再生機能が無くてもネット動画の閲覧ができます。

子供が居るとYouTube等を見せることが多いと思いますが、視力のこととかを考えると、スマホやタブレットの小さな画面ではあまり見せたくありませんよね。

それに家族皆で視聴することを考えるとやはり大きなテレビで観るのが一番です。

しかし最近では通信制限がかかり、テレビで再生しても低画質で再生されたり、そもそもストリーミング再生がなかなか始まらず、始まっても再生中に何度も止まってしまったりと非常に不便な思いをすることが多くなってきていました。

最後に

こんな感じで通信が増え、制限がかかってしまったと言うわけです。

WiMAX解約後は光回線に移行します。

わが家はDMMの格安スマホを使っているので、格安スマホの月額料金が毎年割引になるDMM光を契約済です!




こちらの速度等については、後日回線開通後にレビューしたいと思います!

利用頻度は人によって様々なので、必ずしも私と同じサービスを利用しているからと言って、WiMAXが向かないというわけではありませんが、WiMAX回線のメイン化を考えている方の参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。