通販の緩衝材を使った暖房費節約の小技

最新め記事(本文上)


今回は通販の梱包等で使われている緩衝材で家の暖房費を節約する小技を紹介します。

雪国ではよく使われる小技なんですが、ウワサでは雪のあまり降らない地域ではほとんど行われていないらしいんですよね。

スポンサーリンク

用意するもの

・気泡緩衝梱包材(川上産業の「プチプチ」や宇部フィルム の「エアーキャップ」等)
・霧吹き

とりあえずお試しとしては通販等の梱包でついてくる間に空気が入ってる緩衝材で十分です。

手順としてはまず家の窓に軽く霧吹きをかけて湿らし、この緩衝材を窓に貼るだけで終了。窓に貼る時はデコボコした面をガラス側に来るように貼り付けましょう。

梱包で付いてきた緩衝材は余程の大きな物を買わない限り、居間等の大きな窓を覆うには足りないはず。

なので最初は小さな窓ガラスで効果を試し、もし効果を感じられるようであれば専用の大きなものを買えば良いかと思います。

最後に

北海道では比較的新しい建物は断熱もしっかりしていて窓ガラスも2重以上になっているため、新築なんかだと小技が必要になることは少ないですが、ホームセンターなんかに行くと窓の断熱専用のコーナーがあるぐらい、窓断熱に熱心です。

私の記憶では関東の建物の窓ガラスだって2重になっていることってほとんど無いですよね?なのでちょっと断熱してやるだけで、北海道よりも効果が出ると思うんですよね~。

なので部屋を少しでも暖かくして暖房費を節約したい方はまずは通販で付いてくる緩衝材で試してみて下さい!

以上、緩衝材で暖房費節約する技でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。