【ホワイトデー】職場の義理チョコお返しはギフトカードがおすすめな理由

注目記事(本文上)


こんにちわ。雪坊主です。

バレンタインもまだなのに、ホワイトデーの話題です(笑)

最近は少なくなってきたとは言え、バレンタインデーのとき職場で義理チョコを貰う機会がある人もいるかと思います。

私もバレンタインデーの数ヶ月前に仕事で深く関わった女性社員に義理チョコをいただくことがあります。

貰うのは本当に嬉しいのですが問題はホワイトデーです。本命チョコなら気合いを入れてお返しを探せますが、義理チョコって気合の入れ方が難しくないですか?

あんまり気合を入れて選ぶとかえって気を使わせてしまうし、本命と勘違いしていると思われて相手に引かれる可能性もあります(笑)

だからと言ってホワイトデーのお返しをしないという選択はしたくありません。職場の人間関係は良いに越したことはないですからね。

なので義理チョコであっても必ずお返しはしていましたが、値段が高くなくだけど決して安っぽくないものを・・・と考えると店を何件もハシゴしたり、ネットで色々検索したり結構時間が取られるんですよね。

私は数年前からホワイトデーで義理チョコのお返しにはギフトカードを送るようにしています。そこで義理チョコのお返しにギフトカードがおすすめな理由を紹介したいと思います!

スポンサーリンク

迷わなくてすむ

最初で書いたように「値段が高くなく、決して安っぽくないもの」を探そうとすると色々と迷うし時間もかかります。

ギフトカードだと予算と何のギフトカードを送るかを考えるだけなのでほとんど迷いません!

メッセージで差を付ける

ギフトカードの多くはメッセージを添える欄があるので必ずメッセージを添えるようにしています。

相手のために店を回って最適な商品を探す時間も大事かもしれませんが、義理チョコのお返しにそこまで必要でしょうか?

同じ時間を使うのであれば私はメッセージを考える時間に費やしたいです。

スマート(らしい)

皆がお菓子とかをお返ししている中、一人だけギフトカードを贈ったので「スマートでカッコイイ!」と感動してくれた人が居ました。

周りがみんなやっていると目立ちませんが、まだギフトカードを贈るというのは浸透していないと思うのでスマートに見えると思います。

相手が使いやすい

ちゃんと相手のことを考えてギフトカードをチョイスをすれば、相手にとって非常に使いやすいお返しとなります。

決してiPhoneを使っている相手にGoogle Playギフトカードを贈るとか、ネット通販が嫌いな人にAmazonギフトカードを贈るなんてことのないよう、最低限の下調べはしましょう。

ネットで買える

ギフトコードを発行するタイプのものであれば、ネットとクレジットカードで購入が可能です。

ホワイトデーの3月は決算期という会社も多いでしょう。忙しくてギフトカードすら買いに行けないという方でも、スマホとクレジットカードで買えるので安心です。

基本的に即時発行なので、ホワイトデー自体を忘れていても当日に買えるので安心です。

ちなみにギフトコードを相手にメール等で送るというのではなく、ほとんどのコード発行式のサービスが、事前に考えたメッセージと選択したアニメーションや画像を出す専用のURLが発行され、そこにコードが表示されるという方式なので華やかです。

メールで送れる

ギフトコードを発行するタイプのものであれば、メールやLINEで送ることで直接手渡ししなくとも相手に贈れます。

直接渡すのは恥ずかしいという人には最適!ちなみに私もほとんどのこのパターンです。

本当は礼儀として直接渡すのが良いのでしょうが、私の場合1日のどこかで大体顔合わせるのでその時に軽く話題に触れれば問題ないでしょう。

また突然メールで送ることによって軽いサプライズにもなります。

唯一のデメリット

唯一のデメリット。それは金額がモロバレるということ。これはもうギフトカードの宿命です。所詮ただの金券ですからね。

しかし私の経験では気の利いたメッセージを添えることによって金券といういやらしさが軽減されるというか、むしろ普通にお菓子等を渡す以上に喜ばれることもあるので、いやらしさは払拭されると信じています。

色々なギフトカード紹介

私が送ったことのある色々なギフトカードとどのような相手に向いているかを紹介します。

LINEギフトカード

コンビニ等でプリペイドカードが販売しています。

LINEはおそらくほとんどの人が利用しているので年齢を選ばずに贈れます。このギフトカードでスタンプ、着せ替えやLINEゲーム内の課金にも利用出来るので用途が広いです。

iTunesカード

iPhoneユーザーであれば音楽、アプリの購入、ゲーム等の課金に使えます。確実にiPhoneユーザーであれば、先程紹介したLINEカード以上に用途は広いです。

iTunesカードはコンビニ等の店舗で購入するプリペイド式のカードと、ネットで購入しコードが発行されるものの2タイプがあります。個人的には後者の方が細かく金額を設定出来るのでおすすめです!

iTunesカード

Eメールで贈るiTunes Card

Google Play カード

iTunesカードのAndroid版です。こちらもiTunesカードと同様に音楽からアプリの購入、ゲーム等の課金に使えます。しかしネットで購入出来るギフトが無いのが残念です。

Google Play ギフトカード

Amazonギフト券

Amazonでの買い物やKindle本の購入に使えます。このAmazonギフト券は非常に様々なタイプがありどのような形での渡し方にも対応できます。

相手がAmazonをよく使うような方であれば間違いなく喜ばれるでしょう!

Amazonギフト券

スターバックスカード

スターバックスコーヒーで使えるプリペイドカードです。職場の近くにスタバがあれば喜ばれるでしょう。

スタバのプリペイドカードはデザインの種類が多くしかもオシャレで季節限定のデザインもあるので、カワイイデザインを選べばそれだけで喜んでもらえるかもしれません。

またメール等で贈れる500円のプチギフトのスタバeGiftというものもあります。

スターバックスカード

Starbucks eGift

最後に

たかが義理チョコのお返しですが、社内の人間関係は良くしておくことに損はありません。

なので他人と差を付けるにはギフトカードがおすすめです。しかしあくまでメッセージをちゃんと考えること前提で渡しましょう!

ギフトカードだけだと「めんどくさかったのか?」と思われてもしょうがないのでその点は注意して下さい!

以上、職場の義理チョコお返しはギフトカードがおすすめな理由でした。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。