夏のお出かけにサンシェードテントが便利すぎてマジでおすすめ!

最新め記事(本文上)

a1600_000030_m

こんにちわ。雪坊主です。

サンシェードテントってご存知ですか?私は昨年の秋ごろこのサンシェードテントを購入し、今年デビューしたのですが大活躍しています!

サンシェードテントって?
サンシェードテントとは、海水浴やピクニックなどのアウトドアに出かけたときに日差しをさえぎる役目を果たす簡易テントです。

そんなサンシェードテントなんですが子供の居る家庭でアウトドアや大きな公園で遊ぶ時に物凄い便利なのでその便利さを紹介したいと思います!

スポンサーリンク

使えるシーン

大きな公園

芝生のある大きな公園だとテントを拠点として荷物置き場にしたり、子供を遊具で遊ばせて大人はテントでくつろぐといった使い方や、お弁当を持ってきてテント内で食べたりといった使い方が出来ます。

天気の良い日だと公園の日陰は混みあうので休憩するのにサンシェードテントがあるとゆっくり休憩出来ます!

年齢の離れた兄弟が居る場合も、上の子はお父さんと一緒に遊具で遊び、下の子はお母さんと一緒にテント内でお昼寝やおもちゃで遊んだりという使い方をしている家族を見た事があります。

海水浴・プール

海水浴やプールではかなり活躍します。

拠点としての荷物置き場はもちろんですが、全面を閉じれるタイプのものであれば中で着替えを行うことも可能です。

海やプールの更衣室は有料だったり混み合ったり、遠かったりするので手軽に着替えを行えるのは非常に便利です!

海やプールへの持ち出しは子供が居ない方へもおすすめです!

バーベキュー

テーブルを用意すればサンシェードテント内でバーベキューを食べる事が出来ます。

私の家のでは子供たちを火に近づけるのは危ないので、子供のみテント内でバーベキューを食べさせています。

ロックフェス

私はロックフェスでは使った事無いですが、4面封鎖出来るものであれば一夜ぐらいであれば過ごせるかもしれませんね。

タープと合わせて使っている方も居るみたいです!

サンシェードテントがもう少しな部分

当然便利な面だけじゃなく不便な面もあります。

使える場所が限られる場合がある

公園やプール、海全てに言えることですが使えない場所もあります。

これは各場所によって違うので管理元に問い合わせて事前に確認しましょう。

荷物になる

折りたたんだ状態で直径60センチほどの大きさになります。ハッキリ言ってかなりでかくてかさばります。

またサンシェードテントで快適さを求める場合、テント以外にテーブルやひざ掛け、クッションマット等を一緒に持ち歩くため非常に荷物が多くなりがちです。

しかも海やプール、バーベキューでは更にその荷物もあるので本当に凄い荷物になってしまいます。

軽くはない

軽量さをアピールしている商品が多いですが、わが家で使っている商品は2キロほどあります。

本格的なテントよりはかなり軽いと思いますが、女性が長時間持ち歩くには少し重い印象です。

上でも書きましたがテントを張るようなシーンでは他の荷物もたくさん持っている場合が多いので、持ち運びが大変になります。

風に弱い

簡易的で軽量なテントなので風に非常に弱いです。

よく公園でもひん曲がって潰れかけているのを見かけます。

その日の風の強さをチェックする必要があります。

もし風による破損が心配な場合は、4面全てフルオープンの商品を選ぶことをオススメします。

折りたたむのにコツが必要

動画での説明等ありますが、初めて折りたたむのにコツが要ります。

練習をせずに持ちだして帰り際に折りたためず、焦って無理やり折りたたんで壊したりという話しもありました・・・。

必ずぶっつけ本番で持ち出さずに部屋などで折りたたむ練習をしてから外へ持ち出しましょう!

最後に

わが家の近くにある大きな公園では、週末になるとサンシェードテントだらけになります(笑)

それを見てわが家でも購入を決めたのですが、最近では「サンシェードテント内でいかに快適に過ごせるか」に拘りだして、色々なグッズを買い漁っています(笑)

最後まで読んでいただき、ありがうございました。