【ポケモンGO】避けやすい技、避けにくい技、避け方とコツ【ゲージ技回避】

スポンサーリンク
TOP横長

シェアする

最新め記事(本文上)

pokemon-team-colors

こんにちわ、雪坊主です。

ジム戦を沢山行っていると分かってきますが、ジム戦で有利なポケモンと技の組み合わせが攻略サイトで紹介されているのでジム戦でよく登場する技は大体決まってきます。

これらの技の回避率を上げることが、アイテム消費を最小限にしてジムを落とすのが捗ります。

また自分のジムに回避のしにくい技を覚えているポケモンを設置し、手間を掛けさせることで敵チームにジムを奪われにくくします。

そこで今回は特に避けやすいゲージ技、避けにくいゲージ技について紹介します。

技の評価方法としてDSPという1秒あたりのダメージを数値化した評価方法もありますが、今回はダメージは考慮せず、単純に避けやすさと避けにくさ(発動時間)のみで考慮します。

技回避の基本

技について紹介する前に、技の回避についておさらいします。

技の回避は通常技、ゲージ技を問わず画面に集中線が出てから0.5秒以内に回避行動をとることで回避が可能になります。

pokemongo-dodge-skills1

しかし通信状況やバグでこの法則通りに回避出来ない場合も多くあるので、技ごとに自分で回避のタイミングを覚えるのが重要です。

また回避したとしてもダメージがゼロになるわけではなく、ダメージが75%軽減されるだけです。

なので全ての技を回避し続けたとしてもいつかは必ず負けてしまいます。

避けやすいゲージ技

pokemongo-dodge-skills2それではジム戦でよく出る避けやすいゲージ技について紹介します。

避けやすい技というのは技発動のメッセージが出てから技を放つまでの時間が長い技になります。

文字が出た時に自分のポケモンが攻撃をしていても、攻撃終了直後に回避行動をとっても回避可能です。

威力の高い技が多く、そのためDSPでの評価は高い傾向にありますが私のようなジム戦に慣れたトレーナーにはまず当たりません。

ジム防衛用のポケモンにはなるべく覚えさせない方が良いでしょう。

ちゃんと計算したわけではないですが、私の感覚での回避率も記載したので参考にしてください。

ふぶき

回避率80%

集中線が出ないため一時期は回避不可との噂も出ていましたが回避可能です。

技自体を放つのは早いですが、技を放った直後に何度も横へ移動し敵に対し向かって45度ぐらいの位置までずれるとダメージを最小限にし避けたのと同じダメージしか負いません。

何度も移動するのは「避けた」という表示が出ない(バグ?)ので、どのタイミングでダメージ判定があるのか分からないためです。

「避けた」のメッセージが出ないのでダメージを見るまでは実際避けれたかが分かりません(笑)

りゅうのはどう

回避率80%

技発動のメッセージ表示後、1〜2秒程度の溜めが入るのでメッセージ表示時にこちらの通常技が被っていても余裕で回避可能です。

だいもんじ

回避率90%

技発動のメッセージ表示後、1〜2秒程度の溜めが入り、だいもんじを放ちます。また放たれただいもんじがこちらに向かって来るのも遅いので、放たれた後からでも回避が可能です。

ソーラービーム

回避率90%

1〜2秒の溜めのあと、空へ光を飛ばした後にビームが空から降ってきます。

合計で技発動のメッセージ表示から3秒ほど余裕があるので、空へ光を飛ばすまでは攻撃していても回避可能です。

光が空に飛んだあとはすぐに攻撃が始まるので、回避行動に移りましょう

はかいこうせん

回避率95%

技発動のメッセージ表示から3〜4秒程度溜めが入り、後技が発動されます。

溜めの時間が長いため、溜め中にうまくいけば2回ぐらい攻撃が可能ですが、私は怖いので溜めと同時に回避行動に移ります(笑)

避けにくい技

技発動のメッセージ表示からすぐに技が放たれます。文字が出た時に攻撃を行っていると、攻撃が終了する頃にはもうダメージを食らっていることがほとんどという厄介な技です。

またダメージが低い技が多いですが、ゲージも少ないため回避出来たとしてもその直後に連発されることも多いです。全てを回避するのは難しいと割りきりましょう。

もし本気で全てを回避する場合
1.必ず相手の通常技の後に攻撃する。
2.ゲージ技はなるべく避ける。
3.相手のゲージ状態を予測した上でこちらのゲージ技を使う

等の対策が必要ですが、いちいちこんな対策を行うぐらいであれば攻撃した方が早いです(汗)

ドラゴンクロー

回避率30%

技発動のメッセージ表示から1.5秒程度で技が放たれます。

通常技が速度の早い場合はメッセージ表示後の回避行動で避けることが可能です。

のしかかり

回避率30%

技発動のメッセージ表示から1.5秒程度で技が放たれます。

なぜか技のエフェクトに合わせて回避行動をとっても回避が出来ません。あくまで技発動のメッセージを基準に回避行動を取りましょう。

たつまき

回避率10〜20%

たつまきに関しては、攻撃を仕掛けながら避けるのは非常に難しいです。幸いたつまきは威力が低いので、あえて避けずカビゴン等のHPと防御が高いポケモンで受けてゴリ押しというパターンで対処しています。

バグについて

こちらの技が相手に「効果が抜群だ」もしくは「効果がイマイチだ」の場合、これらの表示のせいで、技発動のメッセージが技発動後に出るというバグがあります。

技の出るタイミングが分からず避けるのが難しくなるため、特に避けにくい技を持つもポケモンとの戦闘時は注意しましょう。

最後に

ジム戦で自分が操作する場合、技が相手にとって避けやすいかどうかは全く関係無いですが、ジムの防衛では「避けにくい技」を使うポケモンを設置することで、別のチームにジムを落とす手間を掛けさせることが出来ます。

決して1つの技がジム防衛の要になるような事はありませんが、避けにくい技を持つポケモンが沢山居るジムは落とすのにアイテム消費が多くなり、相手のモチベーションを下げる効果があります。

以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。