【検証】ジャンプの紙と電子版定期購読、値段がお得なのはどっち?

最新め記事(本文上)

e416b734dfa83bccdd4f39d9912e1fb4(RGB)(noise_scale)(Level1)(width 1200)
こんにちわ。雪坊主です。

ジャンプ電子版の購読についてジャンプ+のサービスのレビュー以外に値段についてのレビューも行なってみようと思います。

ジャンプ+のサービス全体についてはこちら
http://yukibowz.net/jumpplus-review/

スポンサーリンク

ジャンプ電子版の定期購読

1年間の金額

この記事の執筆時点でジャンプ電子版は月額900円(税込み)です。

なので単純計算で1年のコストは900×12となり10,800円となります。

電子版定期購読の特典

電子版では単純にジャンプ本誌だけではなく、年6回発行されるジャンプNEXTも自動的に購読されます。(値段は900円のままです)

ジャンプNEXTは昔の赤まるジャンプのようなものでで新人作家の読み切り作品を中心に様々なマンガが掲載されている少年ジャンプの増刊号です。

電子版定期購読手に入らないもの

物理的な付録等は基本的に手に入りません。

私が思い出す限りの過去の付録は遊戯王カード、カレンダー、コミックカバー、ポスター、これぐらいでしょうか。

アンケートハガキも付きませんので、アンケートのプレゼントに応募することも出来ません。その他の応募者全員プレゼント等の応募用紙が必須の場合は応募出来ません。

アンケートについては電子版でも行われていますが、そちらはGoogle PlayギフトカードやiTunesカードが抽選でもらえます。

また通販等の広告は無いので、ジャンプの広告が好きな方は紙で購入しましょう(笑)

紙のジャンプ

ジャンプのみの場合とジャンプNEXTを含んだ形で2パターン計算します。

1年間の金額(ジャンプ本誌のみ)

2015年の実績で計算していきます。

※発売日が2014年でも「2015年号」とうたっているものは2015年のものとして計算しています。
※同様に発売日が2015年でも「2016年号」とうたっているものは今回の計算から除いています。

集計してみた結果、2015年に発行されたジャンプは49冊で、価格が255円40冊、260円9冊という結果になりました。

そしてそれらの合計が12,540円

ジャンプ本誌の購入と比べただけでも1年間で1,740円電子版定期購読の方がお得ですね!

1年間の金額(ジャンプNEXT含む)

さて、ジャンプ本誌だけでもお得という事がわかったのですが、電子版の定期購読でついてくるジャンプNEXTを含めると更にどれぐらいお得なのか調べました。

ジャンプNEXTは2015年に6冊発行されていて各460円なので2,760円となり、ジャンプ本誌と合わせて合計15,045円です。

ジャンプNEXTも含めると1年間で4,500円も電子版定期購読お得という結果になりました!

最後に

紙か電子書籍かの論争はジャンプに関わらず、電子書籍全てに言える問題です。

ひとまず価格では電子版での定期購読がお得という結果になりましたが、それぞれに良さがあるので、自分のスタイルに合った方を選べば良いかと思います。

最後まで読んでいただき、ありがうございました。