ブロガー同士のコミュニケーションについて考えてみた

注目記事(本文上)

こんにちわ。雪坊主です。

最近、少しずつですがツイッターで、記事の感想をつぶやいたり、つぶやいてもらったりと、ブロガーさん達と交流させていただけるようになりました。

やっぱりブログを続けていくうえで、こういう交流は刺激になって良いですね。たぶん一人で黙々とやってたらもう既にブログ辞めてた可能性すらあります。

そんなブロガーさんとの交流について自分なりに考えてみました。

スポンサーリンク

つぶやきに対して

Twitterをしているブロガーさんがほとんどなので、メインのコミュニケーションはTwitter上で行われます。

私がTwitter自体に慣れてきたというのもありますが、最近は少しずつ他の人のつぶやきにリプライする事が増えました。

最初は勝手にフォローしてるだけなのに、リプライして良いのだろうか・・・とか思っていたんですが、案外普通に返してくれる方が多くて安心してます。

私のリプライから相互フォローしてくれたりと更に交流が深まる感じがしているので、気になったつぶやきを見かけたら、どんどんリプライして行こうかと思います。

たまにクソリプすることもあるかもしれませんがご容赦下さい(笑)

私自身のつぶやきは記事のシェアばかりで普通につぶやくことはあまり無いのですが、今後は普通のつぶやきも増やしていきたいなぁと思ってます。

記事に対して

Twitterでシェア

記事をツイッターでシェアして感想等をつぶやきます。

Feedlyで購読しているポータルサイトの記事についてシェアする場合もあれば、Twitterで交流のあるブロガーさんの記事についてシェアする場合もあります。

そこら辺が全部1つになってしまっているので、何かうまく分けれないものかなぁと考えたりもしています。

「自分はこう感じた」ってのをTwitterのフォロワー、そしてその記事を書いた人に知ってもらいたい、気づいて欲しいというのがあるので、つぶやきに何らかの反応があると嬉しいですね。

はてブでコメント

私自信、はてなブロガーじゃないのと、互助会云々のせいで本格的に使うのを躊躇してるはてなブックマーク。

ただツイートするよりはコメントが残るし件数も分かりやすい。過去のコメントも記事ごとに見やすいので確実に相手に伝えるにはこっちの方が使いやすそうだなと考えてます。

同時にTwitterへつぶやきもできるので一石二鳥で良いですよね。

ブログ自体にコメント

コメント欄があるブログを運営している人が少ないので、あまり使う機会がないし、ブログを下へスクロールするとコメント欄より各サービスのシェアボタンが先に出ることが多いので、コメントがあってもツイッターとかでつぶやく事が多いです。

SNSボタンにTwitterもはてブも無く、コメント欄のみの場合使うことがあるぐらいでしょうか。

私はこうする!

「ブログ界のスタンダード」なんておそらく無いでしょう。

当然正解なんて無いんだから、我が道を行こうかと思う。

これからはコメントが残り、件数も分かりやすい「はてブ」にコメント集約しよかな〜と思います。

そしてただコメント付けてシェアしたい時は今まで通りにTwitterに直接投稿します。(正確に言うとBuffer使って時限投稿)

最後に

周りの目とかいちいち気にせずとも、我が道を行くのが一番だと思います。現実世界じゃなかなか難しいですが、Webぐらいは周りを気にせず生きて行ければ良いなぁ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。